<支笏湖氷濤まつり>30基の氷像が七色に 29日開幕(毎日新聞)

 北海道・支笏湖畔の冬の恒例行事「千歳・支笏湖氷濤(ひょうとう)まつり」(実行委主催)が29日開幕する。28日夜は試験点灯され、七色のライトに照らされた大小30基の氷像が浮かび上がった。

【写真特集】光の競演 美しいイルミネーションの数々

 氷像は支笏湖からくみ上げた水を骨組みに吹き付けて制作した。実行委は「今年は雪が少なく冷え込みが続いたため、昼間に見ると氷像の青色が際立っている」と話している。まつりは2月14日まで。ライトアップは午後4時半〜午後10時。【久野華代】

【関連ニュース】
写真特集】美しく青くライトアップされた各地の城、東京タワーなどをみる 世界糖尿病デー
【写真特集】長澤まさみ:青い“星空”に包まれ「すてき」 東京ミッドタウンXマスイルミネーション
【写真特集】冬の北海道 遠い春 厳冬の地から〜力強く美しい野生動物の姿
【写真特集】さっぽろ雪まつり2009

「ラブ・コネクション」運び屋はカノジョ(読売新聞)
首相、外国人参政権「簡単ではない」(産経新聞)
<九州新幹線>全線開業は来年3月 新設の3駅名も決定(毎日新聞)
秋葉原殺傷初公判 加藤被告 無関心から反省、謝罪の言葉も (産経新聞)
【中医協】医療クラーク加算、15対1と20対1を新設(医療介護CBニュース)
[PR]
by dxzja1ytfk | 2010-02-01 21:57
<< 【社会部発】日教組教研集会閉幕... 石川遼選手、今年もe−Tax=... >>