工事の前払い金制度悪用 詐欺で2被告に実刑判決(産経新聞)

 大阪市発注工事の前払い金制度を悪用して約2億円をだまし取ったとして、詐欺罪に問われた土木建設業「岸組」(破産手続き中)の元経理担当者、下口孝子被告(61)と元常務、三宅一朗被告(60)の判決公判が21日、大阪地裁であった。水島和男裁判長は「公共工事に関する重要な制度の根幹を揺るがしかねない犯行」として、下口被告に懲役3年(求刑懲役5年)、三宅被告に懲役2年(求刑懲役4年)の実刑を言い渡した。

【関連記事】
アライド代表社員に懲役4年求刑 FX無登録営業で出資金詐取
旅行積立名目7億円詐取、近ツー元社員を逮捕へ 大阪地検
近ツー元社員に逮捕状、旅行積立名目で7億円詐取容疑
7億円詐取容疑、近ツー元社員「ノルマ達成きっかけ」
サイト利用料を架空請求 2グループ計15人を一斉逮捕

雑記帳 自民党本部に屋台 幹事長も腕振るう(毎日新聞)
ベッド付近燃え81歳重体 大阪の市営住宅(産経新聞)
台湾からの鳥肉輸入停止=農水省(時事通信)
<火災>住宅2棟全焼 焼け跡から2遺体発見 横浜市瀬谷区(毎日新聞)
銚子電鉄「デハ702」最後の旅 鉄道ファンら花道飾る(産経新聞)
[PR]
by dxzja1ytfk | 2010-01-26 21:55
<< <コンビニ強盗>ノコギリ持ち押... <小沢幹事長>「包み隠さず申し... >>