香川県産出「サヌカイト」で作った楽器で地元の魅力を発信(産経新聞)

 高松市出身の打楽器奏者、小松玲子さん(34)が香川県で主に産出される岩石「サヌカイト」で作った楽器を中心にした音楽グループを結成した。

 楽器は円筒状のサヌカイトを横に並べてつるし、棒でたたいて演奏する。石の長さによって音階を変え、オルゴールのような深い余韻を残す音色が特長。

 昨年末のデビューコンサートには約600人が集まり、5月には東京で公演する予定だ。小松さんは「音色に乗せて地元の魅力を発信したい」。

カチワリ日記
万里の頂上
ライブチャット
債務整理無料相談
出会いランキング
[PR]
by dxzja1ytfk | 2010-01-12 23:22
<< 糖尿病性腎症治療薬の開発・販売... 飛び出した動物避け急ハンドル…... >>