舛添氏「必要なら政界再編遂げたい」 自民党仕事始めに出席後(産経新聞)

 自民党の舛添要一前厚生労働相は5日午前、党本部で開かれた「仕事始め」に出席した後、記者団に対し「党内でやるべきことはやるが、大きな政治のうねりの中で行動すべき時は行動する。最終的には政界再編という大きな目的を遂げたい」と語った。

 舛添氏は「小沢一郎民主党幹事長は自民党の最も古いやり方を踏襲しており、(与野党問わず)新しい感覚で政治をやる人との糾合も必要だ」と指摘。さらに「古くなって国民から見捨てられた政党を再生してもだめだ。新しく作るぐらいの気構えがないといけない」とし、新党を結成する可能性に言及した。

 仕事始めでは、谷垣禎一(さだかず)総裁があいさつし、政府・与党の政治姿勢について「どうやって景気の二番底を防ぐかの政策がまったくない」と批判した上で、今夏の参院選の勝利に全力を尽くす決意を述べた。

【関連記事】
自民党執行部は「田舎者の集団」 落選の中山泰秀氏
落選議員のいま 中山泰秀氏「鳩山首相はけしからん」
舛添氏、自民に必要なのは「独裁的指導者」
舛添前厚労相が自民再生へ「政治塾」開講
舛添新党警戒 人材育成が主目的という「勉強会」本当の狙い

てつおのブログ
生活の知恵
現金化
アフィリエイト ホームページ
クレジットカード現金化
[PR]
by dxzja1ytfk | 2010-01-07 22:34
<< 「需要拡大突破口に」 東北木材... <ヤフー>メール利用者43人、... >>