<米プリツカー賞>妹島さん「うれしい」、西沢さん「光栄」(毎日新聞)

 建築界のノーベル賞といわれる「米プリツカー賞」を授与されることが決まった妹島和世(せじま・かずよ)氏(53)と西沢立衛(にしざわ・りゅうえ)氏(44)。

 妹島さんは「大変うれしい。これからも頑張って魅力的な建築を作っていきたい」、西沢さんは「光栄で驚いている。よい建築をつくるようにという励ましとも受け取った」とコメントした。

 妹島さんは日本女子大大学院修了後、伊東豊雄建築設計事務所を経て87年に独立。西沢さんは横浜国立大大学院修了。95年にSANAAを共同で設立した。主な共作に熊野古道なかへち美術館(96年)、金沢21世紀美術館(04年)など。ガラスを多用した、軽やかで大胆な造形で知られる。

 金沢21世紀美術館は、ベネチアビエンナーレ国際建築展金獅子賞や日本建築学会賞、毎日芸術賞などを受賞。【永田晶子】

【関連ニュース】
お灯まつり:山から滝のように流れる炎 和歌山県新宮市で
熊野古道フォトコン:世界遺産5周年記念 最優秀に杉本さん /三重
熊野古道協働会議:保全活用に 市民や中学生ら62人参加−−尾鷲 /三重
選挙:白浜町長選 水本氏と立谷氏、前回に続く一騎打ち−−告示 /和歌山
現代俳句の書展:俳句の世界を書で表現 力作137点を展示−−北区 /岡山

「どう接したら…」 2乳児遺棄の母、長男を虐待か(産経新聞)
東京メトロ・丸ノ内線運転見合わせ…ホームドア点検(読売新聞)
<失職>6月までに7192人「非正規」に 厚労省調査(毎日新聞)
服役中もブログで抗議し「再審めざす」 前和歌山市長を収監(産経新聞)
<サル>ボスに君臨11年4カ月、「ゾロ」は温厚、仲間思い(毎日新聞)
[PR]
by dxzja1ytfk | 2010-04-05 14:45
<< <春の交通安全運動>交差点は気... <雑記帳>五輪銅の加藤選手が凱... >>