弁護士の懲戒処分、最多76件…人数増要因?(読売新聞)

 昨年1年間で全国の弁護士が懲戒処分を受けた件数は76件に上り、過去最多だったことが日本弁護士連合会(日弁連)のまとめで分かった。

 日弁連は「弁護士の人数は毎年増えており、それに伴って処分も増える傾向にある」としている。

 発表によると、処分の内訳は、弁護士の資格を失う「除名」が1件、所属する弁護士会からの「退会命令」が5件、業務停止が30件、戒告が40件だった。日弁連によると、事件処理を放置したり、報酬を巡って依頼者とトラブルになったりしたケースが目立つという。統計を取り始めた1950年以降、最多は2007年の70件だった。

 ただ、弁護士の人数は増加し続けているため、弁護士数に対する処分件数の割合は0・26%と例年並み。過去10年間は0・22%〜0・34%で推移していた。退会命令を受けると事実上、弁護士活動ができなくなる。

公然わいせつ容疑逮捕→入院釈放→飛び降り死亡(読売新聞)
津波一過 悲嘆の浜 養殖業「もう駄目」 三陸沿岸(河北新報)
鳩山・小沢会談 疑惑隠しに献金カード(産経新聞)
社民「国外」国民新「シュワブ陸上」移設案提示(読売新聞)
保護責任者遺棄で両親逮捕=4歳男児に食事与えず−埼玉県警(時事通信)
[PR]
by dxzja1ytfk | 2010-03-10 03:47
<< オノで妻の頭を…八王子の67歳... <パラリンピック>難聴障害者が... >>