「尋問技術を磨いていれば…」谷垣総裁が反省(読売新聞)

 「与党の時は感じなかったが、野党になり、もう少し尋問技術を磨いてから国会に出ればよかったと感じている」

 自民党の谷垣総裁は18日、都内で開かれた日本弁護士政治連盟の会合で、自らの国会質問への“反省”の弁を口にした。

 谷垣氏は弁護士出身だが、弁護士登録の翌年、父の専一・元文相の死去に伴う衆院補選に出馬したため、実務経験はわずかしかない。

 財務相や国土交通相などを歴任し、閣僚としての安定した答弁には定評があった谷垣氏だが、野党党首として臨んだ予算委員会や17日の党首討論での質問には「迫力不足」との指摘が出ており、追及する側の難しさに思わずぼやきが出たようだ。

レセプト電子化対応の計画策定へ―支払基金が事業指針(医療介護CBニュース)
「厚労省は新型インフルへの対応の総括を」―黒岩氏(医療介護CBニュース)
そり競技相次ぐ失態 橋本団長、猛省促す(産経新聞)
NHK 朝ドラ「てっぱん」のヒロインに瀧本美織さん(毎日新聞)
外来の窓口負担に細かな加算も チェック必要(産経新聞)
[PR]
by dxzja1ytfk | 2010-02-25 20:18
<< 島根の遺体遺棄、平岡さん情報に... 義理の娘陳述へ 事故裁判で被害... >>